寿屋は結納を中心に折々の慶事(雛人形・五月人形等)のお手伝いをさせていただきます。
HOME 結納 結納品 結納金

結納について結納について
結納とは
結納の仕方
結納品の名称と意味
お客様の声
結納Q&A
ご質問コーナー

結納関連商品結納関連商品
結納飾り
受書(うけしょ)
御袴料
関連商品
風呂敷
広蓋(ひろぶた)

金封・のし袋金封・のし袋
金封
その他

季節商品季節商品
創作雛
雛飾り
五月人形
お正月飾り
花火

インフォメーションインフォメーション
店舗案内・地図
筆耕料について
ブログetc.

   結納の仕方
 HOME >> 結納の仕方

受け渡しの手順
サンプル画像
詳細説明 →ご婚約おめでとうございます。→
結納を収める時の手順等をパンフレットに掲載しています。
掲載文章については、以下をご参照ください。

※1、仲人は新郎側から預かった結納品を持参します。新婦宅で、座敷に通
    されたら仲人は「お床拝借します」と挨拶し、結納品を飾り付けいたしま
    す。

※2、納め方 → 新郎側から新婦側へ

   @結納の飾り付けがすみますと(新婦側は本人をつれて仲人の前に・・)
     仲人は定紋の風呂敷をとります。
   A目録は広蓋の中にフクサをかけたまま一旦自分の方に紋を向けて確
     認し、次に家紋をを相手方(新婦側)に向き変えます。
   B仲人は、「本日はお日柄もよろしくおめでとうございます。○○様からの
     ご結納に品でございます。幾久しくお納め下さいませ」と挨拶し、手渡
     しを本義とします。
   C新婦側は、「有り難く拝見させていただきます」と挨拶して別室へさがり
     ます。目録をあらためたら、広蓋、袱紗は、仲人にお返しします。

※3、受け書 → 新婦側から新郎側へ 

   D新婦側は、予め用意した広蓋に受け書を入れてフクサをかけ、家紋を
     仲人に方に向きを変えます。
   E中央に於いて「本日は誠に結構な結納の品々をいただき有難うござい
     ます。幾久しくお受けいたします」と親が答礼します。
   F答礼が終わりますと、これも手渡しを本義とします。

→それは婚約成立を公にする
     おめでたい大切なセレモニー →

以上が、記載文章の詳細です。



☆☆☆ お問い合わせ例 ☆☆☆

   @新婦側が予め用意している受け書が、領収書のようなものとすれば
    それは、事前に新郎側から詳細を聞いているのでしょうか?
   Aお仲人さまを決めていないのですが、その場合は親類の者でも結納
    を収めることができるのでしょうか?
   B自分が結婚した時の結納品を大切に保管していたのですが、息子
    に使えませんか?
   C結納を収める時に、新婦側は本人が同席するとなっていますが、
    新郎本人は同席しないのですか?
   Dパンフレットでは、右側が新郎側(仲人)となっていますが、規則
    はあるのですか?上座ですか?

☆☆☆ お問い合わせ例 ☆☆☆



   
簡易説明 パンフレットには、納め
方、受け書の手順等を
掲載しています。下の
「詳しく知る」をクリック
してください。

ご不明な時には、電話
メール、でご連絡して
ください。

ご来店の折には当店
常磐町寿屋駐車場を
ご利用ください。
COPYRIGHT(C)2009 有限会社寿屋 ALL RIGHTS RESERVED.